Service

動画制作

お客様のブランディング、製品の広告展開を紹介動画でサポートします

最近ではyoutubeを見ていてもB2B向け製品紹介動画がCMとして流れるようになってきました。
その背景には新聞やCM,紙媒体と比較し動画での効果が比肩しうることを時間し始めているからです。
さらに情報の伝達力や多岐にわたる利用方法など、「使える」という認識が実感されてきたとも言えるでしょう。
企業動画をはじめて制作するにあたりサポートが必要な場合など是非ともご相談下さい。

 

パワーポイント資料から動画へ

  • このようにパワーポイントの資料を元に動画を作成することも可能です。打ち合わせや素材集めなどの時間を取らず、お客様の手間をかけずに完成できるのがメリットです。

企業動画の利点について

  • 営業のサポート資料として、イベントで利用、WEBでの掲載など活用方法が広い
  • 動画ならではの情報伝達力で説明にかかる時間を減少する
  • 再生した企業動画の一部を採用動画に流用し工数ダウンが可能
  • リーフレットなど持続力のある情報と補完し展開できる
  • 問い合わせなどせずともある程度の商品情報が欲しい相手に適している

情報量が多い場合も、イメージ中心で情報が少なくい場合も柔軟に対応可能で、動画は見る側への負担も低くこれからの営業ツール、企業紹介などとして活用できるツールと考えております。

企業が利用する動画コンテンツ

基本的には動画ひとつに対してコンテンツはひとつで構成します。
企業のブランドイメージを伝える動画に採用のための動画は入れない。というようにコンセプトを複数持たないようにします。

企業紹介動画

企業の事業紹介、ほかにサービスや商品の概要を伝える、ほかに周年動画、社内報用、期初のキックオフ動画などに。

商品、サービス紹介動画

WEBに掲載、イベントで映像を流す、営業のサポートにほかにマニュアル動画、セミナー動画、事例動画もあります。
よく使われるのはランディングページでの掲載です。編集してyoutubeの動画広告としてもいいでしょう。

採用情報動画

テレワークなど人の移動に制限がかかる状況や、働き方改革にあわせた採用方法も必要になっております。その際にも動画をうまく活用することでサポートが可能です。

最近ではAIにより動画作成も廉価で可能になってきております。
弊社は動画制作時におけるお客様との調整、打ち合わせを重要とし、この時間こそがお客様の意図する動画での費用に対して最善の効果を産み出すことになると考えております。

ランディングページにおける動画の配置

企業の事業紹介、ほかに扱うサービスや商品の概要を伝えることもほかに周年動画、社内報用、期初のキックオフ動画

動画を作るポイント

邦楽をうるためにはで例えるとサビから始まる、イントロが短くかつ印象的であることに注力します。 それと同様にやはり動画でも先の10秒で伝えたいことを出して注力します。
最後まできっちりとビジュアルを作り込むかは対象によって異なりますが、出だしの作り込みに関しては全てにおいて重要課題です。

たとえば、製造系製品でしたら10秒以降は画質さえ良ければ機能紹介を淡々とつなげても問題ないこともあるかと存じます。

→最初の10秒に何を詰める?
WEBのランディングページのファーストビューと近いイメージでOKです。
出だしにおいて
キャッチコピーと惹きつけるビジュアルそのあとに売りとなる機能やコスト減少、売上No.1などのアピールポイントを差し込みます。

制作までの流れ

1.ヒアリング

お客様のコンセプト、目標、どの程度におさめていくかなどを確認させていただきます。

2.簡単な仮動画により内容確認

簡単な動画を用意します。
キャッチコピー、テキスト内容、使用する動画素材、ならびにグラフなどの情報表示などを確認いただきます。

3.動画制作

実際の動画を制作します。完了後に確認していただき調整作業に入ります

4.納品

資料、イベント用、youtube用などのデータをお渡しします。

働き方改革などによる自宅での作業が常態化するにつれて、インターネット利用が 増加しております。理由はそれだけでは有りませんが、あきらかにインターネットで動画を視聴するという行為自体に違和感を覚える層は激変したと感じます。
これからでもけして遅くは有りません、お客様の動画制作をサポートさせていただければ幸いです。

CONTACT

株式会社アドバンプレス